Nov20th

早稲田実業と都立日比谷高校

Top / 早稲田実業と都立日比谷高校

心配な受験生母
中学3年生の息子を持つ保護者です。早稲田実業高校と都立日比谷高校で第一志望校を悩んでいます。どちらも難関高校ですから、合格できる保証はありませんが、あくまでも目標というかたちでの比較です。

早稲田実業も都立日比谷も素晴らしい評判の学校だと思います。大学附属校と進学校という点での違いも含めて、それぞれのメリットやデメリットなどのご意見をよろしくお願いします。

ベスト回答

この2校でしたら、日比谷高校が良いでしょう。

早稲田大学や慶應義塾大学は大学入試の方が広き門です。日比谷なら下位でも早慶大はゴロゴロ受かってます。みんな早慶の切符を確保して、難関国立大学に挑戦します。早実に高校入試で合格できる時点で、日比谷に入学すれば上位層。東大だって十分に狙えます。

早稲田実業高校は、他の早大系の学校と比較すると、下位学部の推薦枠が突出して多く、看板学部への進学者は少ないですね。その点が、早実を進学先として考えると「うーん。」と唸ってしまう理由です。とはいえ、共学校で良い学校なのには間違いないですがね。「佑ちゃんフィーバー」以来の早実人気は凄いです。早大学院よりも偏差値が高い時代ですから、隔世の感あり・・・です。

日比谷は学校が学習指導に熱心な分、学外で予備校などに通う経済的・時間的な負担が少なくて済むので、行事や部活動もかなり盛んですね。特に文化祭の星陵祭の高校3年のクラス演劇は本当に感動します。それから、中高一貫校ではないという最高の利点が存在します。早実だと内進生の方が圧倒的多数になります。やっぱり高校は単独スタートの学校が一番です。

話がそれました。一般的に言われていることを述べると、以下の場合は早慶附属より進学校が望ましいと言われています。

1.将来の希望進路が未確定
2.理系志望または医学部志望
3.就職の際に少しでも良い学歴でいたい
4.早慶よりもさらに上を目指したい

就職について言うと、今いろいろ厳しいとか言われてますが、人事は附属校出身か一般入試組かをかなり区別します。早慶のような難関私大は、面接で附属校出身か一般入試入学かを聞くところが大企業なんかで多いようです。

結局、それが本当かどうかは別として、世間一般からは「附属校出身者は使えない」というレッテルが張られてるようですね。「早慶附属出身よりマーチの一般入試組」とも聞きます。

理系志望や医学部志望なら早慶附属を勧めないのは、まあ当たり前ですね。

高校受験は本当に親のサポートも大切です。頑張っている息子さんを温かく応援してあげてくださいね!