Nov20th

面倒見が格段に良くなった都立高校

Top / 面倒見が格段に良くなった都立高校

   ※一般の方も途中まで記事の閲覧が可能です。

▼都立高校の面倒見の良さに驚く保護者

「都立高校の面倒見が良くなった。」
とは最近よく聞く言葉ですが、昔の都立高校出身の保護者さんは疑っている方も少なくないようです。
ところが、某都立高校へ進学した男子生徒の保護者に話を伺ったのですが、都立高校の面倒見の良さに終始驚かれていました。
彼の通う都立高校は、入学前に宿題がドッシリ。入学時には宿泊合宿で高校の勉強の仕方を叩きこまれます。
大学受験で使用する教科の全てが少人数授業や習熟度別授業です。
使用教材は塾や予備校でも使用される教材も多くあります。
授業は大学入試を意識していることが明らかに分かります。内容も練り込まれています。
土曜日も授業がありますし、夏期講習や放課後補習も盛んです。勉強合宿もあります。
高3になっても塾へ通わずに一般入試で志望大学に合格する先輩も少なくないそうです。
昔を知る保護者には想像できないかもしれませんが、これが今の都立高校の姿なのです。

▼固定観念を取り除いて都立高校を選ぼう

私立高校が、どうも高校入試の入学組の学力をうまく伸ばし切れてないように思えます。
中高一貫体制を敷いている私立高校は特にそう感じます。
学校説明会などでは良いことばかりを言って、入学後に「騙された」と言う保護者や生徒もいます。

面倒見が良いという……続きは塾通信「マンスリー」をご覧ください。

2011/5/25